〒530-0012
大阪府 大阪市北区 芝田2-6-30 梅田清和ビル5F

医院直通:06-6373-788706-6373-7887

無料通話:0066-98090-0010170066-98090-001017

内科

生活習慣病

高血圧症

高血圧は、動脈硬化を進展させ、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞、腎臓障害といった重い病気を引き起こします。健診や人間ドックで「血圧が高いですよ」といわれたら、時々血圧を測ってみてください。上の血圧(収縮期血圧)が130mmHg以上、あるいは下の血圧(拡張期血圧)が85mmHg以上であれば、受診されることをおすすめします。軽症の場合は、漢方薬の服用をご提案することもあります。

脂質異常症

血中のコレステロール値や中性脂肪値が高いと、体内の血管壁にコレステロールがたまって動脈が硬くなってきます。動脈硬化になると、脳血管障害、心臓病、腎障害などさまざまな病気が起こる可能性があります。現在なにも症状がないからといって放置せず、受診されることをおすすめします。

高尿酸血症

血中の尿酸値が高いと、関節内に尿酸の結晶がたまって痛みを引き起こすことがあります。この痛みは、風にあたるだけで痛むほど激しく、痛風と呼ばれています。症状がないからといって放置せず、受診されることをおすすめします。

糖尿病

糖尿病は、血糖値を下げるインスリンというホルモンの作用が低下し、体内のブドウ糖が血液の中にたまってしまう病気です。ブドウ糖がたまった状態が長く続くと、腎臓、目、神経、血管に障害がでてきます。これらの症状がでないように、早くから日常生活を改善し、食事・運動療法を行う必要があります。それでも、うまくコントロールできない場合は、薬を服用していただくことになります。血糖値が高いといわれたら放置せず、受診されることをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群

日中強い睡魔に襲われ、つい居眠りしてしまうことがありますか?
その眠気は「睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)」のためかもしれません。 SASの検査や治療は健康保険が適用されます。
入院の必要がない簡易検査は、ご都合の良い日に自宅で受けることができます。SASかもしれないと気になられたら、お気軽にご相談ください。

鼻腔挿入デバイス(ナステント)についてはこちら