診療時間 9:15~12:00/13:30~17:00
休診日 木曜・日曜・祝日

阪急梅田駅より徒歩3分 JR大阪駅より徒歩5分 詳しい地図はこちら>>

ネット受付利用の方へ|大阪市北区の内科・漢方内科

トップページ院長紹介医院紹介漢方針灸相談健康診断
予約

 

 

※ネット受付など初めてご利用になられる方は、当院からのお知らせの確認をお願いします。

 

当院の特色
日本元気レポート

 

藤林クリニック通信

トップページ»  藤林クリニック通信一覧

藤林クリニック通信一覧

  • 件 (全件)
  • 1

備えあれば憂いなし!ゴールデンウイークを楽しく過ごそう!

高尿酸血症・痛風

備えあれば憂いなし!ゴールデンウイークを楽しく過ごそう!

大型連休で大阪を訪れる予定の方は多いと思います。
楽しい旅行中には、思わぬけがや病気になることもあります。
お荷物の中に、保険証、お薬手帳が入っているか、ぜひご確認ください。

2018-04-26 10:10:00

コメント(0)

【GWの診療について】カレンダー通りです。

GW中の診療について

4月29日・30日 休診
5月1日・2日 診療します
5月3日・4日・5日・6日 休診
5月7日 診療します

2018-03-31 20:26:00

「医療費後払いサービス」のお知らせ

当院では診察が終わっての会計待ちを短くするため、医療費後払いサービスを始めました。
当院で使えるサービスをご紹介させていただきます。ぜひ、ご登録下さい。

1)口座振替を希望の方:MCS((株)エムイーエックステクノロジーズ)
2)ソフトバンクユーザーの方:ソフトバンクまとめて支払いサービス(旧 スマート病院会計)(ソフトバンク)
3)NTTドコモユーザーの方:電話料金合算サービスが使えます。事前に郵送でのお申し込みが必要です。。
4)クレジットカードでお支払い希望の方:EPARKデジタル診察券(エンパワーヘルスケア(株))
 



画像クリックで拡大。


 

 

2018-03-20 20:23:23

日本元気レポート』生稲晃子さんの取材を受けました。

生稲晃子さんが「生活情報サイト 日本元気レポート」のレポーターとして来院されました。

HPへのインタビュー記事は下記をクリック

 

日本元気レポート

2016-06-01 16:34:15

ゴーヤとお酢

当院のホームページに掲載されていたゴーヤについてのコラムがご縁で、健康雑誌『壮快』の取材を受けることになりました。そこで改めてゴーヤについて調べてみました。
ゴーヤに含まれる栄養成分、チャランチンは血糖を下げるインスリンの分泌を促すそうです。その他、解熱、解毒、利尿、抗炎症作用についても研究されています。便秘に対する作用もあります。
漢方医学的には、ゴーヤは身体を冷やす作用があるため、暑気あたりの予防にも有効です。ただ、冷え症の方には注意が必要です。たくさん食べることは控えて下さい。
一方、お酢は血流を良くして、身体を温める作用があります。ゴーヤを酢漬けにすることで、身体を冷やし過ぎずに有効な成分を吸収することができます。お酢もその強い酸味によって、胃の粘膜を荒らしてしまう場合もありますので、適度な甘味を補っていただくと食べやすいです。



画像クリックで拡大。

2015-07-26 17:08:18

コメント(0)

タバコを吸う方に多い肺の病気

タバコを吸う方に多い肺の病気

COPDとは、「慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)」という肺の病気で、別名「肺の生活習慣病」ともいわれています。
有害物質を含む空気や喫煙など、粒子を吸い込み続けていると肺に慢性的に炎症が起こります。そのため、気道が狭くなり、肺への空気の流れが悪くなってしまうので、呼吸が困難な状態を引き起こします。ちょっとした動作で息切れする、咳や痰が毎日のように続くといった症状が現れます。特に喫煙歴のある方は要注意です。患者の90%以上が喫煙者だといわれており、COPDは「タバコ病」と呼ばれるほどです。COPDのやっかいなところは、炎症が続くことによって肺の組織が破壊されてしまうことです。一度破壊された組織はもう元には戻りません。適切な治療をせず放置すると、そのうち日常生活も困難になり、心臓や消化器など全身にトラブルが起こります。さらに症状が重くなると、呼吸不全や心不全を起こし、命を落としてしまう場合もあります。気になる方はご相談ください。

2015-02-01 16:38:16

コメント(0)

高尿酸血症・痛風

高尿酸血症・痛風

親指や足の関節が急に痛んで、腫れて赤くなってきた―ねんざや骨折をしていないのに、そのような症状が出たら要注意です。健康診断の結果があれば、持って受診してください。血液中の尿酸値が7mg/dlをこえていると「高尿酸血症」と書かれているはずです。8mg/dlをこえていると、お薬を飲む必要があります。
この関節痛は風が吹いても痛むほど激しい痛みなので、「痛風」と呼ばれます。これは、尿酸の結晶が関節に沈着するために起こります。尿酸は、関節だけでなく血管や腎臓にも蓄積され、動脈硬化や腎臓結石を生じます。
「痛風」の人はビールを飲んではいけないといわれますが、果たしてビールだけを控えれば大丈夫なのでしょうか?実はアルコール自体が尿酸値を上昇させる作用があるため、発泡酒でもたくさん飲むと「痛風」が起こってしまうのです。血液中の尿酸値を上げないようにするには、やはり飲酒量を減らす必要があります。
もちろん、食べすぎも尿酸値を上昇させるので、肥満の改善も必要です。尿酸値を下げるには水分を多く取るとよいのですが、スポーツドリンクをがぶがぶ飲むのは危険です。スポーツドリンクには糖分が含まれていますので、かえって太ってしまい、糖尿病になる場合もあるので、運動しない時には飲まないようにしてください。ストレスを上手に発散して、暴飲暴食をしないようにしましょう。

2013-12-25 15:49:52

身体の要(かなめ)

紅葉

腰は身体の要とよく言われますが、その要と呼ばれる部分が仙腸関節です。仙腸関節は、仙骨と腸骨の接合部で、体重を支え、全身の運動の支点となっています。上半身の運動も下半身の運動も、この関節を支点として機能しますので、かなり負担がかかっています。 中腰や座っている姿勢が多いとより多くの負担がかかり、腰痛などの原因となります。ウォーキングなど適度な運動や日頃の姿勢に注意が大切です。
適切な身体の調整を行い、元気で過ごしましょう。

2013-12-16 19:40:09

  • 件 (全件)
  • 1
ページの先頭に戻る